コンテキストのホームへ ホーム > Perl情報メモ > テクニカルノート > Perl5ってどんなもの? > リファレンスから文字列への変換

ホーム

Perlニュースレター

Perl情報メモ

会社情報

トレーニングコース


Perl5ってどんなもの? (1999/2/23 JUS勉強会資料)

リファレンスから文字列への変換

  • リファレンスは必要に応じて文字列に変換される

    • 例えばprint文の引数として使った場合
  • 具体的には「型名+16進表記のアドレス」となる

    • 例: CODE(0xbb5b48), HASH(0xbb59f8)
  • eq演算子を使って、リファレンスの等価性(=同じものを指す)をチェックできる

  • 文字列からリファレンスへの逆変換は不可

(スライド 31/64)

[ 前のスライドへ | 次のスライドへ | インデックスへ | グラフィックスバージョンへ]

ご質問・お問い合わせはwebmaster@context.co.jpまで
Copyright (C) 2001 Context, Inc. All rights reserved.