コンテキストのホームへ ホーム > Perl情報メモ > テクニカルノート > Perl 5.8の新機能 > 日本語の扱い (1)

ホーム

Perlニュースレター

Perl情報メモ

会社情報

トレーニングコース


Perl5.8の新機能 (2002/7/25 パソナテックセミナー)

日本語の扱い (1)

  • Perl 5.005以前の時代

    • 日本語を「ちゃんと」扱うには日本語対応のjperlが必要
    • オリジナルのPerlでもEUCコードなら文字列に入れることはできる
      • ただし、2バイト文字を意識した処理はしない
      • 正規表現、文字列の分解はダメ
      • コード変換にはjcode.plやJcode.pmを使う
  • Perl 5.6の時代

    • Unicode対応をうたっている
    • だが、実用的には使えない
    • jperlはない

(スライド 4/12)

[ 前のスライドへ | 次のスライドへ | インデックスへ | グラフィックスバージョンへ]

ご質問・お問い合わせはwebmaster@context.co.jpまで
Copyright (C) 2001 Context, Inc. All rights reserved.