コンテキストのホームへ ホーム > Perl情報メモ > トピックス > Perl 6の開発がスタート

ホーム

Perlニュースレター

Perl情報メモ

会社情報

トレーニングコース

!!速報!!
「プログラミングPerl第3版」が発売されました。 この機会にぜひお求めください。 詳しくは こちらをクリック
 
 

Perl 6の開発がスタート

7月17〜20日に米国カリフォルニア州Montereyで開催されたPerl Conference 4.0(O'Reilly Open Source Software Conventionの一部として開催)の基調 講演で、Larry Wall氏はPerl 6の開発が本格的にスタートしたことを発表しま した。

Perl 6の開発に当たっては、Perl 5の開発とTopaz[*1]によって得られた知見 を生かして、内部的にも外部的にも完全に書き直しが行われます。また、 Larry Wall氏によると、Perl 6は「より良く、より強力に、より高速に」なり、 Perl 5からPerl 6への移行パスも用意されます。来年の夏までには、プレビュー リリースが公開される予定です。

     *1 Topazとは、Chip Salzenburg氏による、Perl処理系をC++で全面的に
	書き換えるプロジェクトです。ちなみに、現行のPerlはCで記述され
	ています。

Perl 6の開発モデルは、Perl 5の開発の経験、およびApacheウェブサーバや Linuxオペレーティングシステムなどの大規模オープンソースプロジェクトの 経験を生かしたものとなります。つまり、中心となるプロジェクトマネージャ の下に作業を行なう作業グループが置かれ、作業グループに対して開発の課題 が割り当てられるという形態になります。

また、現行のPerl 5は引き続きサポートが行なわれます。

ご質問・お問い合わせはwebmaster@context.co.jpまで
Copyright (C) 2001 Context, Inc. All rights reserved.